ローフードとは

詳しくは日本リビングビューティー協会のHPから

「ローフードって何?」をご覧ください。

以下、簡単に抜粋しました。

 

Raw Food  とは
生の食べ物の意味です。
生の野菜・果物を熱を加えず(48度以下で)
生のまま食べる食事法を言います。

 

野菜・果物を食べる効果
1.心身に必要なビタミン・ミネラルを豊富に摂取できる
2.ファイトケミカルを摂取できる(抗酸化作用・抗がん作用など)
3.便秘予防・腸内環境改善に必要な食物繊維を摂取できるなど、他にもたくさんの
効果があります。

 

ローフードの源になっているのはナチュラルハイジーンの哲学

ナチュラルハイジーンとは
19世紀の医師たちによってまとめられた健康に生きるための哲学です。
そのルーツは紀元前に活躍した医学の父と呼ばれているヒポクラテス・ピタゴラスなどによってまとめられた自然と共に生きる哲学が背景になっています。
野生の動物には病気はないのだそうです。
人間ももともとは自然と共に生きていたのです。
食の欧米化により、肉類、乳製品、ファーストフード、などが一般的になってから
たくさんの病気が増えてきているのです。

アメリカではナチュラルハイジーンの大学もあり、ナチュラルハイジーンドクターと
いう資格もあります。いわゆる自然療法のドクターですね。